作業中のつぶやき

種別: diary

言語 / Language:

こんにちはokapiです。ポーランドツアーの日記が大量になってしまっているため、なかなか時間が取れないなーと思いつつズルズルと日記が書けないまま今に至ります。笑

その日記はちょっとずつ書いていくとして、普通に日記を更新していこうと思います。

欲を言うと英語での日記も更新したいんですけどね〜、あれもこれもってやっちゃうと続かない人間なもので、できるところからちょっとずつね。笑

最近の僕のハイライトは譜面作り直しをしていることです。


S__5873677


まずはSakigakeの譜面から。

記譜方法についてアドバイスを頂き、もっと見やすく読みやすく全てを書直そう!というプロジェクトなうです。もちろん今までご購入頂いた方は、ご購入頂けたことが確認取れればPDFにて無料ダウンロードして頂けますのでご心配なく!

譜面の作り替えは以前使っていたソフトを他のソフトに変えての作業になるのでなかなか慣れませんが、なんとかやっています。

譜面をどんどん入力していくと一定の小節数が出来上がり、プレビューで音を再生することが出来るのですが、この作業、やってみると自分の曲を客観的に見ることが出来て、結構楽しいものだったりします。


あまり大きい声では言えませんが、自分の曲を再生しながら「何これめっちゃいい曲じゃん・・」とか呟いたりしています。


大きい声で言うと「最近のokapiはだいぶ調子こいてる」と噂されかねないので小さい声にしておきます。

何これめっちゃいい曲じゃん・・



この現象(メッチャイイキョクジャン現象と名付けました)、普段はあまり起きません。毎回起こってたらさすがに自信過剰もいいところですね。それも悪くないですが。笑


おそらく自分が曲を作っている時って自分以外の誰かが作っているという妙な感覚があるので、その曲を「自分が作った」という認識がそもそもあまりないんだと思います。


こういうと不思議に思われますよね。そりゃそうです。僕自身、不思議なんですもの。笑


でもこういうお仕事をさせて頂いていると、同じような感覚をもって作曲されている方々とお会いする機会も結構あります。うちの社長さん(レグルスさん)や福岡のギタリスト・チャーシュ・・おっと違った、チャーリーも同じようなことを言っていました。


きっと感覚人間なんですね。右脳が活性化しているのでしょうか。


書いてて思いましたが、譜面制作は結構左脳を使っているので、右脳で作った曲を自分の曲だと認識出来ない、のかもしれないな・・とも思いました。


へんなの。笑


というわけで完成までもう少々お待ちくださいね^^

今日は関東はとっても暑くなるそうなので皆さん体調管理にはお気をつけをー!


良い一日を^^


おかぴ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です