(日本語) オーディオインターフェイスを新調して幸せになった男の話

種別: guitar

言語 / Language:

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

こんばんは、okapiです。

前回はマイク買ったぜ!のお話をしましたが、今回はオーディオインターフェースのお話です。もともと持っていたものを知人に譲り渡すことにしたのでどうせならグレードアップしよう、という訳で新調したんです。ぶへへ。

オーディオインターフェースと聞いてどんなことを思い浮かべますか?知らない方はきっとよくわからないのではないかと思います。以下、説明なので読み飛ばしていいよ。笑

簡単に言うと、マイクやギターのピックアップなどの音をPCに取り込むための装置です。マイクなどの音の信号をPCで受け取れる形に変換し、それをレコーディング用ソフトなどで録音するというイメージです。

PCを使ってちゃんとレコーディングをする際はほぼ例外なく必要になるものだったりします。

PCに標準で付いてるマイク入力ジャックなどもありますが、あのあたりは基本的には通話が出来ればいい程度のクオリティのものだったりするので、録音は出来るけどちゃんとした音質ではないぜ、というわけなのです。

基本的にマイクからの信号をどれだけ劣化させずに信号として入力してあげられるかが音質の鍵となります。だからちゃんとマイクから来た信号を高い性能で変換してPCに届けてあげるのがいいレコーディングをするのに必要にゃのです。

じゃあどんなものを選べばいいの?ってことになるのですが、突き詰めるとマジで説明にキリがないので簡潔に参ります。笑

主に僕が選ぶ基準は

・何チャンネル入力が出来るか

・音質

・PCとの接続方式

です。

僕が録音する場合、最低限のレコーディングでは

・マイク

・ギターのプリアンプからのライン入力

の2chが最小限です。なので「2チャンネル以上」。

最大何チャンネル使うだろう?と考えたとき、

・マイク2本

・ライン2本(それぞれのピックアップの音)

あたりかなと思います。マイク3本使ってもいいんですが、基本チャンネル数が多すぎると後々わけのわからないことになることが多いので、基本多すぎないようにします(そういうのはレコーディングのプロの方に任せましょう)。

なので、「まあ4チャンネル。あれば8くらいあってもいいけど多分基本使わない」という条件で探し始めました。

そんでもって見つけたのがこいつ。(っていうかずっと前から気になっていた)

Apogee(アポジー)のElement 46。

4入力、6出力からモデル名に46という数字が付いています。

他にも2入力4出力、また8入力8出力のそれぞれElement 24、Element 88もラインナップにあります。

結構前にこのメーカー(Apogee)のDuetという2チャンネル入力のインターフェイスを使用していたことがあるのですが、その音が好みだったのでいつかまたApogeeに返り咲きたいなと思っていたんですよね。

ちなみに音質は基本的には値段に比例すると思ってもらって、まあだいたい間違い無いです。笑

同じチャンネル数という土俵で比べてみるとわかりやすいかも。

ただ最近のこういった機器ってすごく進化してて、2万円しない機材でも結構いい音で録音出来るんです。

例えばこのあたり。

 

この辺の価格帯なら手に入れやすいと思います。かなり有名なモデルで、失敗が少ない安定した機種ですね。

僕だったらスターターの方には上記のどちらかと、

この辺りの安価でも安定しているマイクをおすすめします。

この辺りでハッピーレコーディングライフを満喫してほしいなと思います^^

ちなみに録音するには別途レコーディング用のソフトなどが必要になります。僕はAppleのLogic Pro Xを使用していますので参考までに!

んで、今回僕が入手したのはこちら。

本体にツマミなどは無いので、Apogeeのソフトウェアでコントロールする方式です。僕は念の為別売りのApogee Controlというものも入手しておきました。

こんな感じ。

なんだかんだで手元でコントロールできるの、いいもんです。笑

ちなみに本体についてるヘッドフォンジャックで音をモニタリングしながら録音し、後ろのアウトプットからスピーカーへ繋いでます。

ちなみにPCとの入力方式は、転送速度が早いとされるThunderbolt接続。最近のMacはUSB-C端子なので、Appleの純正変換プラグ等が必要なのでご注意を。

録音環境は前回と同じなので同じの貼っておきます(手抜き)

素敵な音質で録音出来るようになってあたしゃ幸せです。

新しいCDもこれで作るので楽しみにお待ちくださいませ^^

ちなみに前回使っていたのはこちら。

これに前回紹介したAudio TchnicaのAT4040を使って収録しています。

音はこんな感じ。

皆様の参考になれば嬉しいです♪

来月は韓国公演、夏には中国公演、冬にはドイツ公演にまた行く予定です。

そろそろ遠隔でペットをみることが出来るツールが必要かもしれない・・・。

今月は誕生月なので自分にプレゼントしてあげようかしら・・笑

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *