okapi fingerstyle guitarist

最近生野菜ばかり食べている気がする »click!

trichromatic制作秘話

trichromatic production episode

View this post in English

この記事はtrichromaticの制作秘話になります。これはどこまで公表するか悩ましい部分なのですが、やはり書きたいと思います。

※とっても長いです。どうしても読みたい方のみお読みくださいませ。笑

今回のジャケットの絵を描いてくれた、JINさん。ちなみに彼は前回のafter the duskの絵も描いてくれた人でもあります。彼は僕の唯一無二の心友であり、天才笑顔絵作家でした。

実は、彼はこの作品を最後に亡くなられました。

この当時、数日間で本当に様々なドラマを彼は産んでくれました。このCDを作る上で彼なしだったらどれだけ色の薄いものになっただろう、と思えてなりません。

まさに大詰めの時にそれは起きました

忘れもしない3月17日。まさにレコーディングが大詰めの時期でした。17日までに全録音を終了し、その翌日の18日にはマスタリングという最終調整をする・という予定がありました。

このマスタリングというのはとても大事な作業で、録音した音源をみなさんにお届けするための最終調整。これは絶対的に信頼出来る人に任せようということでとある都内にある会社にお願いしていました。

そういう兼ね合いもあって、デザインを18日までに決めようということでオンライン上で協議をしていました。

その日もオンラインでやりとりをしていました。最後のやりとりの数時間後、共通の知り合いからメールが来ました。彼が倒れたという目を疑う内容のメールでした。

病名は大動脈解離。心臓に近い血管が裂けてしまったそうです。

共に戦う決意

突然のことに状況が飲み込めず呆然としましたが、人の感情をさておいて時間は非情に流れていきます。僕も僕自身の仕事をしないと間に合わない状況でした。

なんとか気持ちを整え、最後のミキシング(録音した曲の音のバランスを整える作業)を自宅スタジオで行いました。どうにか3曲分を終えたときはすでに24時前でした。

次の日のマスタリングは9時からでしたので、僕の家からは7時過ぎに出ないといけない計算。そろそろ寝ないとな〜と考えながら社長に音源を送り確認をお願いしました。

そんな中、またメールが。これから彼が手術をするとのことでした。

血管があまりにボロボロになってしまっているため、縫合が出来ない。そのため心臓を一度取り出して、外で人工血管を入れて、また心臓を戻すという手術だったようです。あとで聞いたのですが、肋骨をすべて一度切って手術し、また戻すという本当に大掛かりなものだったそうです。

なんとも言えない気持ちを抱えながら社長からの連絡を待っていました。そして社長からは2曲目のfirebrickについて、要約すると「もう一歩がんばれないか」という内容の連絡でした。確かに実際この曲は自分の実力では弾ききれてないという思いはありました。ただ、「これ以上はもう出来ない」というところまで頑張り、手も既にボロボロ。

僕はとても悩みました。6時間後には起床しなければならない状況でさらに満身創痍、正直「無理じゃ・・」という考えも脳裏をよぎりました。多分一人だったら諦めていたと思います。それでも頑張れたのは、彼がいたからに他なりません。

彼は手術に入る前は意識があったらしく、必ず帰ってくると言って手術に臨んだそうです。

「彼が今、闘っている。必死の命のやりとりをしている。それなのに自分だけここで引き下がる事など出来るだろうか。引き下がったら、一生後悔するに決まっている!」

そう一念発起して、朝までに何が何でも録音しなおす。と決意をし直してリテイクを断行しました。上に書いたように、firebrickのコンセプトは「不撓不屈」。多分ここで退いていたら曲として成立しなかったと思います。これがあったからこそ曲として成立したんだと確信しています。

日程との葛藤の中で

苦闘6時間半。ボロボロになりながら朝6時半、録音終了。そんなに時間がかかってしまう時点で情けない限りですが、難しさ・こだわり・疲労がここまで伸ばさせたんだと何卒温かい目でみてやってください・・^^;

そしてこれも後で聞いたのですが、実は彼が手術を終えた時間もほぼ同じ時間だったそうです。本当に一緒に頑張ったんだと信じています。

結局寝ずにそのままマスタリングへ向かい、3曲とも全工程を終了。そこで待っているうちにまたメールが。彼の手術の成功と、現在は人工的に心臓を動かしている状況ということ。その日の昼までに目が覚めないと危険だということ。

当然僕らは、彼はじきに目覚めるものだと思っていました。彼がそう簡単に死ぬことなど、あるはずがない。またあの人懐っこい笑顔で大きく手を振りながらやってくるに違いない。そう信じて、今後のことについて協議していました。中国ツアーが控えていたので、それに間に合わせるかどうか。間に合わせるためには1からデザインを作り直してしまう以外にありませんでした。

悩みました。

忘れがたい電話

しかし彼は一向に目を覚ましません。手術から1日、2日が経ちましたが目を覚ましません。現実感のない現実を数日過ごしました。そんなある時、とある女性から電話が来ました。共通の知り合いでした。この時知らされたのですが、その方はJINさんの彼女さんでした。

そして彼女からの電話の内容は忘れられないものになりました。

彼が「頭痛がする」と言っていたため、彼女が彼の家に行ったこと。

着いて、その2〜3分後、彼が倒れたこと。

彼は描きながら「yamabuki」を聞いてくれていたこと。

彼女さんが「いい曲だね」っていうと、彼が「だってオカピの曲だもん」

そんな会話をしてくれてたこと。

彼が倒れた時、意識が薄れながらも自分の事より作業中のデータを案じ「保存して保存!」「オカピに届けなきゃ!」と彼女さんに指示していたこと。

そんな緊急事態のなか、彼女は保存しようと試みましたが、なぜかマウスのポインタがあちこちに動いてしまい、うまく動かせなかったこと。

保存を一旦諦め彼の元に。

そして保存されていないまま、PCはスリープ状態になってしまっていること。シャットダウンしたら、彼が一生懸命描いた絵が消えてしまう。

PCにはパスワードがかかっていて、誰もそのパスワードがわからないこと。

現状待つしかない。

そして、彼が起きたら7月に結婚するということ。

結婚式の余興では僕に演奏をお願いしたい、ということ。

そんな事を彼女は話してくれました。

僕は今までこんなドラマティックな展開を経験したことがありません。

婚約については僕はその時初めて知ったので、衝撃でした。何をしてるの、早く起きなよ・・!という気持ちでいっぱいでした。

ここまでお膳立てをしたら、起きたらヒーローだよ。起きないはずがないよ。

それでも非情な事実はやってくる

そう思っていた次の日。

彼が亡くなったという知らせが彼女から届きました。

本当に信じられませんでした。だっておかしいじゃん。必ず帰ってくるって言ったんじゃないのか。

本当に久しぶりに涙を出しました。僕は基本的には数年に一度しか泣かない生き物なのですが、もう我慢が出来ませんでした。

そこからしばらくは呆然自失でした。だけどそれでも地球は回るし時間は流れる。彼の葬儀の日程が知らされる。実感がわかない。

この時の僕の一週間のスケジュール。結婚式で演奏のお仕事 → 彼の葬儀 → 僕の誕生日パーティ。正直どういう顔をしてこの数日過ごせばいいのかわかりませんでした。笑

でも。

ここまできたら彼の絵を使わないなんて考えられない。いつだって、亡くなった方がどう生きたかの証は、残った人が遺志をどう継いでどう生きて、どう次世代に託していくのか。これによって一番刻まれるものだと思います。

奇跡のパスワード

スリープ中の彼のPCを叩き起こさなければならない。どうにかパスワードをクラックしてでも割り出さなければならない。

そう思ってアクションを起こそうとしたのですが、どこを調べても起動中のパスワードをクラックすることは難しいとされている。クラックするには下準備が必要で、電源は一度必ず落とさねばならないそうだ。どのPCに詳しい友人に訊いても答えは一様に起動したままパスワードを割り出すことは「できない」というものでした。

その中で僕の恩人の一人であるKさんの一言、「でもWindows7だったら、何度かパスワードを間違えたらヒントとかが出るはず。本人が設定してたらだけど」という一言に一縷の希望を見出しました。彼のPCはWindows7だったはず。そのヒントを見て彼女さんがわかるかもしれないしご家族がわかるかもしれない。これだ、これしかない。

そして試して頂いた結果、ヒントは出ましたが、誰もわからない状態であるという内容の連絡が来ました。

何日、何ヶ月かかってもいい覚悟はできていたので、何通りだってやる覚悟でした。彼女と電話で話しながらあれはどうだ、これはどうだとパスワードを試してもらっていた時、不思議なんですが僕の脳裏にそのヒントにピーンと閃くものがあり、「◯◯◯◯◯◯◯◯」ってどうですか!?と打ってもらいました。

数秒間の沈黙の後、彼女の驚きとも喜びともつかない声。開いた!!

今ざっと文章見直しましたが、これって奇跡に近い内容ですよね。笑

信じがたいですが、全部真実を書いております。

そして後から彼女さんから聞きましたが、もしあの場で保存が出来ていれば彼女が病院から連絡してくれることもなかっただろうし、パスワードを僕に聞くこともなかっただろう、とのことでした。

そしてそのタイミングで連絡がもらえなかったら、僕ももしかしたら別のデザインに仕方なく移行してしまっていたかもしれません。元々は中国へのライブに間に合わす方向で作っていましたから。

そう考えると、何かに導かれた感すらあります。

とうとう対面

PCが起きたことを受け、彼の家に急行しました。そして彼が最期に遺した絵と対面出来たのです。

ああ。彼の絵だ。素敵な絵です。

しかし残念ながら、やはりまだ途中でした。

と、なれば。

僕が続きをやるしかありません。

前回の時も僕と彼の合作でした。僕はデザイン、彼は絵を描いてくれた。今回もそうしよう、ということでその最後の絵を受け取り、僕がそれらを組み合わせて完遂することにしたのです。

その時に、彼女さんから色々な話を聞けました。中でも一番印象に残っているのは、いくら取ろうとしてもペンタブのペンを握ったまま離さなかったという話でした。本当に苦労したそうです。笑

最期まで仕事を完遂しようとした彼の魂に最敬礼です。

そして芸術家の鏡だと思います。心の底から尊敬します。

この一連の流れ、実はこれでもまだ割愛しています。もっと奇跡みたいな出来事ありました。

そして彼の死によって新たに生まれたこの作品達を、自分でも愛さずにはいられません。ぜひ、皆様に聴いて頂きたいし、CDを手にとってご覧頂きたいと思うのです。

その思いがあって、今回は今までになかったライナーノーツ(曲のイメージに合わせた詩のようなもの)を各曲について書き、載せています。

そしてこれは実は普通に読んだ場合と、もう一つメッセージが隠されています。よかったら探してみてくださいね^^

奇妙な一致

そして図らずも、ではありますが。

BLUE、firebrick、yamabuki。全ての曲が彼や彼の状態に当てはまること。

BLUEは生死に関する絶望と希望、生きる決意。firebrickは不撓不屈、諦めない闘志。yamabukiは追慕、別れ、希望。

こんなドラマティックなことってあるだろうか。

曲のそれぞれの説明はこちらでしているので、是非合わせてご覧くださいませ^^

最後に

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

ここで僕が述べたかったことは、この制作の影にこんなに偉大なクリエーターがいたこと、彼の死によってたくさんの創造的なものが生まれたこと、彼への感謝、僕の周りの方々・皆様への感謝です。

僕は、これからもさらに一生懸命生きていきたいと思います。健康にもなるべく気をつけて一生懸命頑張りたいと思います。

支えてくださっている皆様、本当にありがとうございます。僕が今活動出来るのは、本当に皆様のお陰です。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

そして、JIN ONOSE。どうか安らかに。

10384845_811913618839984_5439283354937778560_n

日本語で見る

In this article, I wanted to share some episodes regarding the creation of the single.



I’m not sure how much of the following should be shared, but I decided that I wanted to write it.

*Please note that the article is quite long, so please continue reading only if you are really interested. LOL




The person who created the cover art is a man named Jin san. He also drew the art on my last album, “after the dusk”. He was one of my closest friends and a brilliant portrait illustrator.

Sadly, he passed away shortly after creating this work of art.




During that time, he was the cause of a lot of drama over a span of a few days. I can only think that this single would have been much duller that it turned out to be if it weren’t for him.




It all happened during the homestretch



March 17th. I’ll never forget that day. It was during the final day of recording. I was going to finish recording the songs that day to have them mastered the on the 18th. Well, that was the plan.




The mastering process is the most important part of song production, it’s the final step before making it available for everyone’s listening pleasure. It had to be done by someone I trust, and decided to have it done by a local company.



With that said, we had to decide on the design by the 18th as well and had an online meeting. A few hours after the meeting, I received an email from a mutual friend saying that Jin san had collapsed.



I couldn’t believe my eyes as I was reading the email. He suffered from an aortic dissection – he had a tear in the wall of the major artery carrying blood out of the heart.



Decision to fight together

Although I was shocked and couldn’t take in the reality of the situation, the clock was ticking. I also had a deadline I had to meet.




After getting myself together, I finished mixing (balancing out the sounds) the recorded songs in my home studio. I finished 3 songs with 24 hours until the deadline. The mastering session started at 9AM, so I had to leave my house around 7. I sent my boss the mixed tracks and was getting ready for bed.




I received another email. Jin san was going to have an operation.

His artery was so badly damaged that it couldn’t be sutured. They were going to take his heart out, insert an artificial artery, then put his heart back in. It was going to a large operation where they would have to cut open his ribcage.




Not being able to say anything, I waited for my boss’s reply. My boss then sent me a message saying that she wanted me to put in a bit more work on the 2nd song, firebrick. There was a part of me that felt I wasn’t able to play the guitar with my full potential on that song. I thought to myself “I can’t do this anymore”. My hands were sore and I reached my limit.




I didn’t know what to do. I had to wake up in 6 hours and I had wounds all over…I didn’t think I could do it. I probably would have given up if I was alone, but the one thing that motivated me was Jin san.




He was conscious before the surgery, and said that he’d be back.

“He’s fighting a battle to survive right now. How can I just give up like this? I know if I give up now, I’ll regret this for the rest of my life!”




Determined to finish the recording by the morning, I kept on doing retakes. As I mentioned earlier, the concept of “firebrick” is a tenacious spirit. The song would not have materialized if I had given up. I know that the song became what it is because of the events that happened.




The agenda and the inner struggle



I’ve been struggling for 6 and a half hours. It’s 6 in the morning, and I’m totally worn out…but I managed to finish recording. It’s embarrassing to admit that it took that long to finish, but I’d like you think that the difficulties, the determination, and the hardships are what made this song possible.




I later heard that Jin san finished his operation around the same time I finished my song. I truly believe we fought together.




I ended up no sleeping at all, and headed out to get all 3 songs mastered. While I was waiting, I received an email. Jin san’s operation went well, but he was currently having his heart pumped by a machine. He had to wake up by the afternoon, or else he’d be in danger.




Naturally, we all thought he’d wake up soon. He wouldn’t die so easily. We all assumed that he’ll come back to us waving with his usual smile, so we decided to have a meetings about our next step.



I was going to tour China and wanted to make sure we weren’t behind schedule. To make the deadline, we would have to have the design done over from scratch. That worried us.




Unforgettable phone call


He still hasn’t waken up. It’s been 2 days since he finished surgery, but he still wasn’t awake. I spent a few days going in and out of reality. Then there was a phone call from a mutual friend. This was the first time I found out, but it was Jin san’s girlfriend.




I’ll never forget what she told me over the phone.




He said he was having a headache, so she went to his house to check up on him. He collapsed a few minutes after she got there.




He was listening to “yamabuki” as he was drawing.

She told him “This is a nice song”, and he replied “Of course, because it’s Okapi’s song”. That was the kind of conversation they were having.




When he collapsed, instead of worrying about himself, with the little consciousness he had left, he told her “Save it, save the data! We have to get it to Okapi!”




Even in a state of emergency, she tried saving the file he was working on,b couldn’t move the mouse properly as the cursor was moving all over the screen. She gave up on trying to save the file and went to where he lay.




The PC went into sleep mode without the file being saved. His work would be gone forever if the PC was shut down. There was a password set on the PC, which nobody else knew. We’d have to wait until he wakes up.




And when he does, he was going to get married and have me do a little performance at the wedding. She told me all of this.




I’ve never experienced such a dramatic turn of events in my life.

This was the first time I’d heard of their engagement, I was shocked. I wanted to tell him, “What are you doing? You’ve got to wake up!”

He’d be a hero if he did wake up. The was no way he wouldn’t.





The sad truth



It was the next day. I heard from his girlfriend that he’d passed away.

I couldn’t believe it. Just think about it. He said he’d be back.




It was the first time in a long time I cried. I’m typically the type of person who might cry once in a few years, but I couldn’t hold back the tears.




I was left in a daze for a while. But the world keeps spinning and time goes on. I was notified of his funeral date. Reality still hasn’t hit.




Here was my schedule that week: A wedding gig -> my friend’s funeral -> my birthday party. Honestly, I didn’t know how to feel about going on for those few days.




After getting this far, I knew I had to use his artwork. Whenever someone passes away, the living has to take what they left and use it as evidence as to how that the person lived and how we can entrust the next generation with what they left behind.




The miraculous password



We had to wake up his PC and crack his password.

I did some research on that, but found it was really difficult to crack a password on a PC that’s still running. A lot of preparation is needed, and the power had to be shut down once. I asked a lot of PC experts, but all of them told me that it was impossible.




One of my acquaintances told, K san, told me that on Windows 7, you’ll be given a hint if you enter the wrong password a certain number of times if the user set it to do that. That was the silver lining. Jin san did use Windows 7.



Perhaps his girlfriend or family might be able to look at the hint and figure out the password. I was told that they gave it a try, and got the hint, but nobody could figure out the password.

I was willing to spends days, even months trying to figure out the password. I was talking to his girlfriend and asked her to try different passwords when something hit me.




I asked her to try typing in a certain word as the password.




After a few seconds of silence, her voice full of surprise and joy. “It worked!”

Looking over what I wrote, all I can say is that this was nothing less that a miracle. It might be hard to believe, but it’s all true.




She then told me that if she had been able to save the file, she probably would not have contacted me from the hospital and she never would have asked me about the password.




If she hadn’t contacted me at then, I would have probably reluctantly gotten someone else’s design in order to make the deadline for the live show in China. It feels like something guided me through all of this.




We finally meet



After hearing the PC had opened, I ran over to his house. I finally get to see his last work of art.

Yup, that was Jin san’s artwork alright. It was beautiful.




But unfortunately, is was unfinished.




In that case…I’ll have to finish it.




We worked on the artwork together for a previously project. I did the design and he did the artwork. We’ll do that again, so I decided to take his unfinished artwork and add bits and pieces to it.




His girlfriend told me many stories about him. One that stands out was the time he just would not let go of his tablet pen, no matter how hard she tried to take it from him. It seems like he had a hard time with that.




I salute his will to finish what started, up until his last day.




I also think he is a reflection of a true artist, and respect him from the bottom of my heart.

Even with all of this, I’ve left a few things out. There was something even more miraculous. There’s no way I won’t love my works that were born due to his death. I’d like everyone to take a look at the CD while listening to the songs.



With that in mind, I’ve added liner notes (they’re like poems written in the image of each song), which I’ve never done before. And if you just read them normally, there’s a hidden message. Please try to find it if you have time.




A strange coincidence



Without planning anything out to come out like this, BLUE, firebrick and yamabuki all represent Jin san and the situation he was in.



BLUE is the despair and hope, the decision to live. firebrick is the determination and will to not give up. yamabuki is to cherish his memory, to say farewell, and to have faith.



Does something this dramatic really happen?



There’s an explanation for each song, please take a look at that as well.





Lastly




Thank you for reading this until the end.




What I wanted to be known here, was that there was a great creator behind all of this, and his death gave birth to creativity. I send my gratitude to him, and everyone involved.




Going forward, I plan on working harder than ever, and make sure to take care of my health as well.




I’d like to thank everyone who supported me. You all are the reason I am able to do what I do.

JIN ONOSE, rest in peace.





10384845_811913618839984_5439283354937778560_n



Top